新築の家相「植物・庭木」について注意点やメリット・デメリット

新築の家相基礎知識

新築の家相植物庭木」について持つ意味とアドバイスをしていきます。

  • これから新築するため植物や庭木の家相が知りたい‥。
  • 植物や庭木が家相的にもつ意味を知りたい‥。

そんな疑問が解消できる記事になっています。

新築の家相における「植物」の意味

新築の家相における「植物」の意味

新築の家相については、

  • 玄関や水まわりの位置に気をつける
  • 凶とされる鬼門・裏鬼門に注意

など一般的に注意すべき点がありますが、家の中ではなく庭の植物や植木についても新築の家相に関係しています。

まず最初に、植物そのものの吉・凶に関して見ていきます。

陽木と凶木

陽木と凶木

植物には幸運を呼ぶ”陽木”と、災いを招くとされる”凶木”があります。

このことから家の庭に植える場合、凶木は避け陽木を植える方がよいとされています。

陽木を植えることでその家で暮らす人が明るくなり、家が発展していくと考えられているようです。

陽木の中で象徴的なのは「松・竹・梅」などのおめでたい木。

新築 家相 植物 庭木

ほかには「つつじ、桐、ナツメ、南天、楓、杉、桃」などがあります。

 

一方で凶木は家の勢いがなくなる、家族の仲が悪くなる、良縁にも恵まれない、などネガティブな意味合いがあります。

新築 家相 植物 庭木

具体的な木の種類としては「芭蕉、シュロ、ソテツ、百日紅、柳」などがあり、これらのように家を覆うような大きな木、垂れ下がる木などは庭木として不向きとされています。

陽木「南天」と凶木「柳」の意味あい

陽木「南天」と凶木「柳」の意味あい

例えば陽木の例として南天がありますが、以下のような意味があると考えられています。

新築 家相 植物 庭木

  • 難を吉に転じさせる
  • 願いを成就する「成天」と当て字する

このように南天は縁起の良い木とされており、さらに南天の木が庇の高さを超えると、その家にお金が集まり繁栄をもたらすとも言われています。

また「難を吉に転じさせる」ことから、鬼門や厠(トイレ)などの不浄の場所に植えると良いともされています。

一方で凶木の樹木として柳がありますが、柳を庭に植えると、

新築 家相 植物 庭木

  • 愛情面に問題を生じる
  • 西に植えると精神面の病気になったり、お金が貯まらなくなる
  • 東に植えるとアルコールの問題が生じる

など、縁起が悪いことが起こると考えられているようです。

8つの「外壁色」が持つ家相の意味と選び方

新築の家相における「庭木」の適合方位

新築の家相における「庭木」の適合方位

植木の種類だけでなく、家相の考え方に基づいて「庭木の適合方位」というものもあります。

これは植物や樹木から発する自然のエネルギーや、その土地の精気を受けることができるという考え方が基本となっています。

樹木のエネルギーの効果が
最も得られる良い方角は「東・東南・南」だそうです。

これらの方角に植物を植えることで、植物やその土地のエネルギーを受け、その家に住む人の運気が上がっていくと考えられています。

東・南東・南の植栽のアドバイス

東・南東・南の植栽

東の植栽

「東」の方角の植栽の注意点やアドバイスとしては、

  • 高い木を植えない
  • 花、実、葉が赤いものを植えると家が栄える
  • ピンクの花や実のものを植えると良縁に恵まれる

などで、具体的には”春”を連想させる樹木が良いそうです。

ただし白や黄色の花のものはNGといわれています。

南東の植栽

「南東」の植栽では、以下のような樹木がよいそうです。

  • 枝が生い茂るの木でなく落葉樹が良い
  • まっすぐに伸びる木が良い
  • 香りのする木を植えるのも良い

南の植栽

また「南」の植栽でアドバイスとしては、

  • 高い木は植えない
  • 白い花はNG
  • 同じ木を対で植えるのも吉

などといわれていますので参考になさってみてください。

「方角」について注意点やメリット・デメリット

鬼門と裏鬼門に有効な植物

鬼門と裏鬼門に有効な植物

また、不吉とされる鬼門(北東)と裏鬼門(南西)の方位にも有効な植物があります。

松や柊などの葉の尖った植物を北東に植えると、北東の邪気や霊障に有効な作用があるとされています。

また南西にはエンジュ・楡・梅・アカダモも有効で、梅は長寿につながると言われています。

「鬼門」について注意点やメリット・デメリット

新築の家相における「植物・庭木」まとめ

新築の家相における「植物・庭木」まとめ

家相とは読んで字のごとく「家の相」、具体的にいうと”○○の方角に水まわりがあると運気が下がる”など、家の間取りと方角を組み合わせて運気を計る考え方のことです。

「張り・欠け」について注意点やメリット・デメリット

家相は日本特有の気候風土に基づいており、間取りや仕様について方位別に吉と凶を判断、統計立てて築き上げられているものです。

土地そのものの良し悪しなども関係しますが、いかにお互いの欠点を補うようにトータルバランスをとっていくかというのが新築の家相において最も重要な考え方になります。

その1つのアイテムが「植物・庭木」とお考え下さい。

 

ウチが新築を建てるときに調べた家相一覧です。

ぜひ参考になさってみてください。

新築 家相

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました